学部案内

理工融合 —科学技術の新たな地平を拓く—

総合理工学部長 廣光 一郎

総合理工学部長 廣光 一郎

総合理工学部は、自然界の真理を探求する理学と社会が必要とする応用技術を開発する工学を総合・融合し、基礎科学から先端応用技術までバランスの取れた教育と研究を進めている全国的にも極めてユニークな理工融合学部です。

今日、革新的科学技術が次々と生み出され、それに伴って社会も急速に変化しています。このような状況の中で生き、新たな時代を切り拓いていく若者には、広い視野と柔軟な適応力に裏付けられた創造性を持つことが求められます。本学部では、このような能力を有し、独自の発想とグローバルな視点を備えた人材の育成を目指しています。

総合理工学部には次の5つの学科があります。

  • 物質科学科(物理分野・化学分野)
  • 地球資源環境学科
  • 数理・情報システム学科(数理分野・情報分野)
  • 機械・電気電子工学科
  • 建築・生産設計工学科

各学科には、専門分野の豊富な研究経験と高い教育意欲を備えた教員を配しており、その指導の下、学生は日々の講義、演習、セミナー、実験、さらには4年次の卒業研究を通して、基礎学力、応用力、研究能力を修得していきます。(各学科の詳細については「学科紹介」のページをご覧ください。)本学部ではまた、先輩(大学院生、4年生)が新入生の学習を支援する「メンター制度」、意欲の特に高い学生を対象に学科の枠を超えた教育を行う「理工特別コース」等、特色ある取組みも進めています。

より高度な専門知識・能力を身につけるための大学院教育(博士前期・後期課程)も充実しています。博士前期課程には8つの、後期課程には4つの教育コースがあり、それぞれのコースで専門的な教育・研究を進めています。(各コースの詳細については「大学院案内」のページをご覧ください。)

私達は、このような教育体制の下、次代を担う活力あふれる人材を世に送り出しています。