島根大学憲章

島根大学は,学術の中心として深く真理を探究し,専門の学芸を教授研究するとともに,教育・研究・医療及び社会貢献を通じて,自然と共生する豊かな社会の発展に努める。

とりわけ,世界的視野を持って,平和な国際社会の発展と社会進歩のために奉仕する人材を養成することを使命とする。

この使命を実現するために,島根大学は,知と文化の拠点として培った伝統と精神を重んじ,「地域に根ざし,地域社会から世界に発信する個性輝く大学」を目指すとともに,学生・教職員の協同のもと,学生が育ち,学生とともに育つ大学づくりを推進する。

1.豊かな人間性と高度な専門性を身につけた,自ら主体的に学ぶ人材の養成
島根大学は,深い教養に裏づけられた高い公共性・倫理性の涵養を教育の基礎に置き,現代社会を担う高度な専門性を身につけた人材の養成を行う。
島根大学は,学生が,山陰の豊かな自然,歴史と文化の中で,学修や関連する諸活動を通して積極的に社会に関わりながら,自ら主体的に学び,自律的人格として自己研鑽に努めるための環境を提供する。
2.特色ある地域課題に立脚した国際的水準の研究推進
島根大学は,社会の多面的要請に応えうる多様な分野の研究を推進するとともに,分野間の融合による特色ある研究を強化し,国際的に通用する創造性豊かな研究拠点を構築する。
島根大学は,社会の要請に応え,地域課題に立脚した特色ある研究を推進する。
3.地域問題の解決に向けた社会貢献活動の推進
島根大学は,教育・学修,研究,医療を通して学術研究の成果を広く社会に還元する。
島根大学は,市民と連携・協力して,地域社会に生起する諸課題の解決に努め,豊かな社会の発展に寄与する。
4.アジアをはじめとする諸外国との交流の推進
島根大学は,地域における国際的な拠点大学として,アジアをはじめとする国際社会に広く目を向け,価値ある情報発信と学術・文化・人材の交流を推進することによって,国際社会の平和と発展に貢献する。
5.学問の自由と人権の尊重,社会の信頼に応える大学運営
島根大学は,真理探究の精神を尊び,学問の自由と人権を尊重するとともに,環境との調和を図り,学問の府にふさわしい基盤を整える。
島根大学は,学内外の意見を十分に反映させつつ透明性の高い,機動的な運営を行う。