大学院博士後期課程

- 高度な研究開発能力と科学技術の創造 -

■理念・目的

総合理工学研究科は、理工学の研究拠点として、先端科学及び先端技術の研究、従来の枠組みを超えた学際的研究、地域社会と連携した研究などを高度に推進することにより、科学技術と社会の持続的発展に寄与します。また、総合理工学研究科博士後期課程においては,博士前期課程教育において修得した高度な理工学分野の専門知識・技術をさらに深め、これらを実社会において活用し、社会の科学・技術的発展に寄与貢献できる国際的通用性と総合的視野を持つ創造性豊かな高度技術者・研究者を養成します。

■研究科組織

博士後期課程 理工学際創成コース 地球科学・地球環境コース 数理・物質創成科学コース 機械電子情報工学コース 博士前期課程 物質科学専攻 物理系 物質科学専攻 化学系 地球資源環境学専攻 数理・情報システム学専攻 数理系数理・情報システム学専攻 情報系 電子制御システム工学専攻 材料プロセス工学専攻

■教育課程・プログラム

  1. 通常の教育課程
  2. 留学生特別プログラム
  3. 島根大学入試情報にリンクします。英語版のガイドブックが掲載されています。

  4. 私費外国人留学生に係る成績優秀者入学料及び授業料特別免除制度について
  5. 特別免除を希望する方は、こちらをご覧ください。

■教育の目標

  • 専門とする分野の高度な体系的知識・技術をさらに深め、これを活用する能力、研究課題を設定できる能力、独立して高度な技術開発や研究を国際的レベルで遂行できる基礎的能力を育成する。
  • 習得した知識や研究成果を基に、後進を指導・助言できる基礎的能力を育成する。

■募集要項

募集要項の入手方法は入試情報ページを参照してください。