島根大学総合理工学部 島根大学総合理工学部 お問い合わせ サイトマップ English

アーカイブ |
トピックス
建築・生産設計工学コースの学生が第19回日本音響学会関西支部若手研究者交流研究発表会において優秀奨励賞を受賞しました
投稿日時: 2016年12月22日

平成28年12月18日に行われた第19回日本音響学会関西支部若手研究者交流研究発表会(会場:関西大学千里キャンパス)において、落合泰誠君(建築・生産設計工学コース博士前期課程1年)の「野外ロック・フェスティバルの音響に関する研究」が優秀奨励賞を受賞しました。

この研究発表会は、関西圏の大学に所属する大学院生や若手研究者が中心に参加するもので、関西圏以外の大学からも少数参加を認めています。また参加者が優秀な研究に直接投票する公開審査システムなので、研究内容やプレゼン力など研究の実力のみが評価されます。

今回は53名の参加があり、落合君は関西の国立大学(京都大学・神戸大学など)や私立大学(関西大学・立命館大学など)の学生や研究者を抑えて票を集め、同賞を勝ち取りました。

島根大学がこの研究発表会に参加するのは2回目で、前回参加した第17回大会でも島根大学が同賞を受賞しており、関西圏外からの異例の連続受賞は、島根大学の知名度を大きく向上させる結果となっています。

印刷用ページ このニュースを友達に送る