本研究科博士前期課程学生が第49回酸化反応討論会において優秀ポスター賞を受賞しました。

投稿日時 2016年11月28日

2016年11月12-13日に徳島大学常三島キャンパスで開催された第49回酸化反応討論会において、物質化学コース・博士前期課程1年の石川達朗くん(指導教員:飯田拡基准教授)が「フラビン―ヨウ素触媒を用いたトシルヒドラゾンと硫黄による酸素酸化的チアジアゾール環形成反応」という演題でポスター発表を行い、「優秀ポスター賞」を受賞しました。

この研究では、酵素機能を模倣した有機分子触媒であるフラビン触媒とヨウ素触媒を用いることにより、分子状酸素を用いる複素環式化合物の新規な合成法を開発しました。空気中の酸素を利用するため、酸化剤由来の副生成物が水のみであるクリーンな反応系の構築に成功しており、環境負荷の低い触媒的物質変換プロセスとして様々な展開が期待されます。






島根大学総合理工学部にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://shimane-riko.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://shimane-riko.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=144