ベルタ育毛剤

ベルタ育毛剤とマイナチュレを比較!どっちが効くの?両方使った感想付き

抜け毛・薄毛で悩む女性から人気の育毛剤ベルタとマイナチュレ。
どちらも女性専用の育毛剤ということもあり、人気の高い育毛剤です。

でも、口コミや販売ページを見ても似たようなことばかり書いてあって違いがわからない…と感じている方も多いはず。

両方の育毛剤を使った結論をお伝えすると…

  • 試しやすさで選ぶならマイナチュレ
  • 成分・効果重視で選ぶならベルタ

マイナチュレ育毛剤は、定期コースを利用すれば1本980円から試せる大特価になっています。

しかも、最大6か月分まで返金保証も対応してもらえるため、「とりあえず試してみたい」と考えている方にピッタリ。

>>> マイナチュレ育毛剤の公式サイトをチェック

ベルタは、テレビなどでも話題の成分「プラセンタ」「馬油」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」といった保湿成分をたっぷり配合。

女性の頭皮は、ホルモンバランスの乱れなどの影響でとっても乾燥しやすくなっています。
頭皮の乾燥は知らず知らずのうちに進行し、頭皮のツッパリ感や痒み、酷くなるとフケや抜け毛にも影響してしまいます…。

ベルタでは、より浸透しやすいよう頭皮ケア32成分をナノ化して浸透しやすい工夫もされています。
成分や浸透力など、効果を重視して選ぶならベルタが一押しです。

>>> ベルタ育毛剤の公式サイトをチェック

では、ベルタとマイナチュレの両方を使った経験を踏まえたうえで、それぞれの違いや効果がある内容について比較していきますね。

ベルタ育毛剤とマイナチュレを比較

ベルタ育毛剤とマイナチュレは何が違うの?と気になっている方が多いので、手っ取り早く確認できるよう比較図を作成しました。

私はベルタもマイナチュレも使った経験があるので、そういった使用感も踏まえたうえで比べてみます。

商品名ベルタマイナチュレ
商品画像
有効成分3種類3種類
配合成分数56種類37種類
浸透力の工夫ナノ化
添加物無添加無添加
アレルギーテストテスト
ボトルノズルノズル
テクスチャ無色透明・ほんの少しとろみ無色透明・サラサラ
におい無臭(化粧水のようなにおい)無臭
購入後サポート
返金保証30日180日
通常価格5,980円5,195円
定期(初回)3,980円980円
定期(2回目以降)4,980円4,557円
定期解約条件最低3回の継続が必要最低6回の継続が必要

ベルタ育毛剤とマイナチュレを成分で比較

「育毛剤は効果がないと意味がない!」と考えている方がほとんどだと思うので、まずは配合されている成分でベルタとマイナチュレを比較していきます。

女性用育毛剤の成分を比較するときに確認しておきたいのが次の4つ。

  1. 有効成分は入っているのか?
  2. 保湿成分はどれくらい入っているのか?
  3. 余計な添加物は入っていないのか?
  4. 浸透しやすいよう工夫されているのか?

この4つをしっかりと比べていけば、どちらがより効果を期待できるのか見えてきます。

結論を先にお伝えすると、これら4つの項目を比較すると「ベルタ育毛剤の方が期待できる」という結果に。
もちろんマイナチュレがダメなのではなく、ベルタと比較すると…ということなので誤解しないくださいね。

有効成分

ベルタ育毛剤とマイナチュレは、それぞれ3種類の有効成分が配合されています。

商品名ベルタマイナチュレ
商品画像
有効成分
  • センブリエキス
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • 酢酸DL-α-トコフェロール
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • 酢酸DL‐α‐トコフェロール
  • センブリ抽出液


有効成分の表記名が違いますが、どちらも全く同じ成分が配合されています。
全く同じ成分なので、期待できる効果・効能も同じ。

ベルタ・マイナチュレの主な効果効能は、「育毛、養毛、薄毛、毛生促進、発毛促進、脱毛の予防、かゆみ、ふけ、産後の脱毛」です。
女性の気になる抜け毛予防や薄毛に効果があるのはもちろん、産後の脱毛にも効果が期待できます。

有効成分だけを比較すると、ベルタもマイナチュレも引き分けです。

保湿成分

配合されている頭皮ケア成分を比較してみると、ベルタには53種類、マイナチュレには34種類が配合されていました。
配合されている成分数ではベルタが一歩リード。

またベルタにはマイナチュレに配合されていない「プラセンタ」を配合しているのが特徴。
プラセンタは、最近ではテレビ番組などでも話題になる成分で、髪にも様々な働きが注目されています。

▼21秒あたりから専門家も使っていることを公言


頭皮ケア成分ではベルタ育毛剤の方が豊富な量と独自成分で期待できます。
もちろん配合成分数が多ければよいというわけではないですが、豊富な成分が配合されていればそれだけ様々なケアが期待できますからね。

添加物

ベルタ育毛剤とマイナチュレに配合されている添加物について調べてみましたが、ほぼほぼ引き分け。

ベルタ…

  1. 無水エタノール
  2. フェノキシエタノール
  3. エタノール
  4. D- パントテニルアルコール

マイナチュレ…

  1. エタノール
  2. フェノキシエタノール

配合されている添加物は、ベルタの方がエタノールなどの種類が多くなっています。
各成分がどれくらいの濃度で配合されているのかはメーカーさんしかわからないので、添加物の有無については引き分けという結果に。

ただ頭皮への刺激が心配されている「合成香料」「合成着色料」などの余分な成分はどちらにも入っていません。

フェノキシエタノールは防腐剤として必要ですので、これはそこまで心配する必要はないです。

逆に、フェノキシエタノールなどの防腐剤が入っていない場合、使用期限が極端に短くなり、知らず知らずのうちに腐ってしまう恐れがあるので、入っていた方が安心できるというのが私の感想です。

また、エタノールについても、過度な量が配合されていなければ目くじらを立てるほどではないです。
もちろん、アルコール系成分に過度に反応してしまう方もいるので、まずは腕などに塗布してパッチテストをやってみると良いですね。

ちなみに、ベルタ育毛剤はアレルギーテストを実施済みとなっているので、より敏感肌や乾燥肌の場合、ベルタの方が使いやすくなっています。
マイナチュレはアレルギーテストについての記述がありませんでした)。

浸透力

成分をしっかりと浸透させるよう工夫されているのかどうかについても見ていきます。

育毛剤を選ぶ時は、浸透技術の工夫がされているのかどうかをしっかりと確認することが大切。
どれだけ豊富な成分が配合されていても浸透しないと意味ないですから。

ベルタ育毛剤では、浸透しやすい工夫として頭皮ケア成分32種類をナノ化しています。
ナノ化技術によって、栄養成分が毛穴の奥までしっかりと浸透するのが期待できます。

一方のマイナチュレ育毛剤は、浸透に関する記述は一切なし。
残念ながら浸透力の工夫がされているかどうかは不明でした。

ということで、より浸透しやすいよう工夫されているベルタ育毛剤がリードという結果に。

成分について比較したのを一度まとめておきます。

  • 有効成分…引き分け
  • 頭皮ケア成分…ベルタの勝ち
  • 無添加…引き分け
  • 浸透力の工夫…ベルタの勝ち

育毛剤の効果を期待するうえで重要な4つの項目で比較してみると、ベルタ育毛剤の方がお勧めできるという結果に。

何度もお伝えする通り、マイナチュレが悪いというわけではなく、ベルタと比較した結果です。

逆に言えば、ベルタ育毛剤は成分の質や浸透力の工夫など、とにかく効果にしっかりとこだわっている育毛剤と評価できますね^^

→ ベルタ育毛剤の公式サイトへ

ベルタ育毛剤とマイナチュレを使用感で比較

ベルタ育毛剤とマイナチュレは、どちらもノズルタイプのボトルになっています。
薄毛が気になる頭皮部分に直接塗布できるので、髪が長い女性でも使いやすくなっています。

実は、2017年8月以前まではベルタ育毛剤はスプレータイプのボトルを使っていました。
それが、リニューアルによってノズルタイプになったため、使いやすさはどちらもほとんど同じ。

▼ベルタ育毛剤のノズル

▼マイナチュレ育毛剤のノズル

画像を見ていただくとわかる通り、大きさもほとんど同じ。

どちらも手が小さくても握りやすいようコンパクトになっているのが印象的です。
マイナチュレの方がノズルが少し長いので、より塗布しやすいかなと感じます。

▼ベルタ育毛剤のテクスチャ

▼マイナチュレ育毛剤のテクスチャ

ベルタ育毛剤は、ほんの少しトロッとしているテクスチャになっています。

サラサラの液に比べると、ほんの少しだけ液だれはしにくいかなという程度。
香りは化粧水のような感じで、べたつきは一切ありません。

マイナチュレ育毛剤は、水のようにサラサラしたテクスチャです。
使い始めは液だれをしてしまうことがありましたが、慣れれば問題なし。

香りはほとんど無臭で、べたつきは全くないです。

どちらも無色透明なので、外出前にも気軽に使えますし、家族に育毛剤を使っていることがばれにくくなっています。
ボトルデザインもコンパクトなので、家族に気付かれたくない場合、化粧ポーチに入れることもできます。

ということで、ベルタ育毛剤とマイナチュレの使用感の比較では、どちらもほとんど同じ。
卵型のボトルタイプが使いやすいか、ベルタのようなふっくらとしたボトルの方が使いやすいか、個人の好みが分かれそうですね。

ベルタ育毛剤とマイナチュレを価格で比較

ベルタ育毛剤とマイナチュレを価格で比較してみた結果…
マイナチュレが圧倒的にコスパよく始められる!
ということが分かりました。

ベルタ育毛剤とマイナチュレの価格を比較してみます。

返金保証30日180日
通常価格5,980円5,195円
定期(初回)3,980円980円
定期(2回目以降)4,980円4,557円
定期解約条件最低3回の継続が必要最低6回の継続が必要


マイナチュレ育毛剤は、定期コースを利用すれば1本980円から始められるという大特価になっています。
1,000円未満で始められるのは、ドラッグストアで市販されている大手メーカーよりも安いですね。

また、定期コースをりようすれば、最大6回分まで返金保証に対応してもらえる特典付きです。

マイナチュレの定期コースは最低6回の継続が必要なのでハードルが高いと思いがちですが、返金保証の条件でしっかりとカバーしています。
返金保証を受ける条件も「満足できなければ理由は何でもよい」となっているので、「とりあえず試してみたい!」という方はマイナチュレがコスパ◎

マイナチュレ定期コースの解約・返金方法まとめ【安心して注文するために要チェック!】マイナチュレ育毛剤は、9割以上の方が定期コースを利用して注文されています。 多くの女性が定期コースでマイナチュレを注文するのには、...

育毛剤は最低でも半年程度は続けないと効果を実感しにくいので、返金保証が6か月あるマイナチュレならとっても試しやすくなっています。

コスパ重視で育毛剤を選びたい!と考えているなら、マイナチュレを試してみることをお勧めします。

→ マイナチュレの980円キャンペーン詳細を見る

ちなみに、ベルタ育毛剤の定期コースにも返金保証は用意されていますが、その条件が厳しいので要注意。
マイナチュレとは違い、「返金理由」が必ず聞かれますし、最低3回の継続が必須になっています。

ベルタ育毛剤の定期便を解約・返金する方法!解約理由って何!?ベルタ育毛剤の定期便を解約しようと調べてみると、解約するための条件がいろいろありました。 「いつでもすぐに解約できる!」というわけ...

妊娠中・産後の抜け毛予防に使うならベルタ育毛剤

妊娠中や産後の気になる抜け毛予防として選ぶならベルタ育毛剤がおすすめ。

妊娠中や産後は、女性ホルモン(エストロゲン)のバランスの変化に伴って、肌が敏感になりがち。
これまで使えていた化粧水などでも肌にダメージを感じてしまう場合もあるほどです。

敏感な妊娠中や産後には、できるだけ頭皮への刺激が少ない育毛剤を選ぶ必要があります。

ベルタ育毛剤は、無添加処方なのに加えて、アレルギーテストを実施ているので敏感肌・乾燥肌・混合肌でも使用できる低刺激になっています。

公式サイトに記述されているアレルギーテストの詳細について見てみると、
「累積刺激およびヒト皮膚感咲く性試験の結果、ベルタ育毛剤は皮膚への刺激は認められませんでした」と明記されています。

また、ベルタの方が保湿成分(プラセンタやヒアルロン酸、コラーゲン、馬油など)がたっぷり入っています。
産後は、頭皮の乾燥が気になる時期でもあるので、ベルタの方が向いています。

→ 妊娠中・産後のケアにはベルタ育毛剤

ベルタ育毛剤が産後の授乳中ママさんに選ばれる理由まとめ産後の大量の抜け毛で焦ってしまうママさんがとっても多いです。 先輩ママさんや母親に相談しても、「放っておけば、そのうち落ち着くから大丈...

マイナチュレでも産後の抜け毛対策として十分効果は期待できます。ただ、ベルタのようにアレルギーテストを実施していないため、より使いやすいという点でベルタをおすすめしています。

50代以降の更年期の薄毛対策にはベルタ育毛剤

40代後半から50代の更年期を迎える時期は、加齢やホルモンバランスの変化でお肌はもちろん、頭皮が乾燥しがち。
頭皮が乾燥することが原因で、敏感になり、頭皮トラブル(痒みやフケ、抜け毛など)に繋がってしまいます。

このような更年期の抜け毛予防や薄毛対策には、ベルタ育毛剤がおすすめ。

ベルタ育毛剤には、乾燥しがちなこの時期に使えるうるおい保湿成分がたっぷりと配合されています。

具体的には、「プラセンタエキス、コラーゲン液、ヒアルロン酸、馬油」などなど。
頭皮ケア成分がマイナチュレよりもたっぷりと配合されているので、うるおい保湿もしっかりと期待できます。

また、更年期は女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が急激に下がる時期です。
女性ホルモンエストロゲンの分泌量が下がることで、相対的に男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が増えます。

実は、女性の薄毛の原因の一つには、男性ホルモンの働きもあるといわれています。

ベルタ育毛剤には、「ヒオウギエキス」「イザヨイバラエキス」といった女性にうれしい成分が配合されています。
女性ホルモンの分泌が下がる更年期の時期だからこそ、こういった栄養をしっかりと頭皮に届けてあげることが大切。

「ヒオウギエキス」はマイナチュレにも配合されているものの、「イザヨイバラエキス」はベルタのみの配合です。

50代からの気になる更年期の抜け毛予防、薄毛ケアにはベルタがお勧めです。

→ 更年期の抜け毛予防・薄毛ケアにはベルタ育毛剤

まとめ

ベルタ育毛剤とマイナチュレの違いを詳しく見てきましたが、実際に両方使って思うのが

  • 試しやすさのマイナチュレ
  • 成分・効果重視のベルタ

という感じですね。

比較して違いを出すとすればこういう感じかなと私は思っています。

ベルタもマイナチュレも売れ続けている人気の育毛剤なので、正直どちらを選んでも後悔することはないと思います。

でも、注意しないといけないことは「どちらを選んでも最低半年間は続ける必要がある」ということ。
育毛剤は薬ではないので、使ってすぐに効果を実感できるというものではないことは理解しておきましょう。

抜け毛や薄毛は放置していても勝手に良くなることはありません。
気になり始めたら、ベルタ、マイナチュレを使ってしっかりとケアを始めてみましょう。

→ ベルタ育毛剤の公式サイトへ

→ マイナチュレの公式サイトへ

関連記事

こちらも記事も一緒に読まれています