シャンプー豆知識

湯シャンで抜け毛が減る?!正しいやり方とメリット・デメリットまとめ

数年前から抜け毛に良いと一部の方の間で人気の「湯シャン」。

湯シャンしたら抜け毛が減った」という口コミがある一方で「湯シャンなんて意味ない!嘘」って意見も。

先に結論からお伝えすると、「湯シャンで抜け毛が減ることはあるけど、全員に効果があるわけではない」ってこと。

具体的に言うと、アトピーや脂漏性皮膚炎、酷いフケや痒みで悩んでいる人が、刺激の強い市販のシャンプーから湯シャンに変えたら効果を実感しやすいです。

抜け毛が落ち着くってことも十分あり得ます。

ただ、健康的な頭皮の方が、シャンプーをやめて湯シャンに切り替えてもほとんど実感することはないです。

逆に、湯シャンに変えたことで頭皮の皮脂のべたつきや臭い、痒みが気になることもあります。

ということで、湯シャンをするべきかどうかは、その人の頭皮環境によっても全然違うので、まずは自分の頭皮環境を知ることが大事。

そのうえで、正しい方法で湯シャンを行っていくこと。

今回は、湯シャンってそもそもどうやるの?メリット、デメリットは?という話から、湯シャンに向いている人、向かない人、正しいやり方まで徹底的にまとめました。

「湯シャンって何?」ってレベルの人も、最後まで読んでいただけると湯シャンついて一通り理解できるはず。

「湯シャンやったけど、合わないんだよねー」って人向けに、対策方法も書きました。

湯シャンとは

湯シャンとは、シャンプーを使わないでお湯だけで頭皮や髪の汚れを洗い落とすこと

芸能人の福山雅治さんやタモリさんも実践中ってことで、数年前からプチブームが起こっています。

メリット

頭皮への負担が少ない

湯シャンをやるメリットは、頭皮への負担が少ないということ。

ドラッグストアやスーパーなどで市販されている安いシャンプーには、刺激がとっても強い洗浄成分が入っています。

刺激が強い洗浄成分でシャンプーをし続けると、知らず知らずのうちに必要以上に皮脂を洗い落としてしまい、頭皮が乾燥してしまうことも。

頭皮が過剰に乾燥してしまうと、体は「もっと皮脂を分泌して保湿しないといけない!」と勘違いして、さらに皮脂の分泌が増える…という負のスパイラルになることも。

こうなってしまうと、頭皮が痒くなったり、フケがでたり、抜け毛が増えることも。

湯シャンは、シャンプーを使うことと比べて洗浄力や頭皮への刺激がとっても少ないので、必要以上に皮脂を洗い落とすことはありません。

そのため、頭皮環境が悪化してしまった方が使うと、頭皮のべたつきや痒み、抜け毛の変化を実感しやすです。

すすぎ残しがない

シャンプーのすすぎ残しは、頭皮の雑菌を繁殖させてしまう原因になるので、抜け毛の元になります。

湯シャンはそもそもシャンプー剤を使わないので、すすぎ不足になる心配がないのもメリット。

特に朝シャンで時間がない時にシャンプーを頻繁にしている場合、知らず知らずのうちにすすぎ残しが起きやすいので、湯シャンにするのはアリです。

デメリット

脂汚れを十分に洗い落とせない

オイリー肌で頭皮の皮脂の分泌が多い人や、仕事で汗をよくかくって人の場合、湯シャンだけだと皮脂が十分洗い落とせないこともあります。

朝の洗顔をお湯だけでしてもヌルヌルする…って経験があれば、オイリー肌の可能性大。

ヌルヌルって皮脂で油膜が出来た状態なので、これをしっかりと洗い落としてあげないと、雑菌の繁殖の原因になり、臭いや痒みの元になるので注意。

あと、整髪料(ワックスやヘアスプレーなど)を使っている人も、湯シャンだと十分落とせない可能性大。

皮脂とは違う油ですが、お湯だけで油を落とすのって本当に難しいですからね。

オイリー肌や頭皮の皮脂の分泌が多い人は、後述する低刺激のシャンプーを使ったほうが良いです。

無理に湯シャンして頭皮が痒くなったり臭くなるよりも、低刺激のシャンプーで余計な皮脂や油は落としてあげた方が頭皮環境に良い。

→ 低刺激のシャンプーについて読む

湯シャンの効果

湯シャンの効果についてもまとめておきます。

湯シャンは、主に次のような悩みと相性が良い方法ですが、間違えば逆に頭皮環境を悪化する恐れもあるので要注意。

湯シャンの効果
  • 抜け毛
  • フケ
  • 乾燥

抜け毛

「湯シャンに抜け毛が効果があるのかどうか?」ってことについては、その人の頭皮環境に影響されます。

どういうことかというと、これまで刺激の強い市販の安いシャンプーを使っていて、抜け毛が増えているなら湯シャンで抜け毛が落ち着くことはあり得るから。

市販の安いシャンプーには、「ラウレス硫酸Na(ナトリウム)」「ラウリル硫酸Na(ナトリウム」などの洗浄剤が入っているけど、これが超刺激強いし皮脂をごっそり落としてしまいます。

なので、これらの成分が入っているシャンプーを使って抜け毛(他にも乾燥や皮脂のべたつき、臭い、痒みも)が気になっているなら湯シャンは効果期待できます。

というのも、お湯は肌に一番優しいから。

お湯とシャンプーなどの洗浄剤を比較した場合、お湯で洗ったほうが刺激も少ないし、肌の保湿作用のある「天然保湿因子」「セラミド」なども落ちにくい。

だから、一部の人にとっては湯シャンは効果あり。

フケ

抜け毛と同じく、これまで市販の安いシャンプーを使っていてフケが出ている…って人は、湯シャンにすれば落ち着く可能性あり。

フケっていうのは、乾燥が原因の「乾燥性フケ」と皮脂が原因のフケの2種類がある。

どっちも洗浄力の強いシャンプーが原因ってことは十分あり得るので、刺激の少ないお湯に変えたら落ち着くこともあり得ます。

ただし、脂漏性皮膚炎などでフケが出ている場合、湯シャンだけでどうにかできることじゃないです。

皮膚科で治療薬を処方してもらうことが一番大事なので、何よりも先に病院行きましょう。

乾燥

頭皮の乾燥は基本的に、使っているシャンプーが良くないことがほとんど。

脱脂力が強過ぎるシャンプーを使うと、肌を保湿している「天然保湿因子」や「セラミド」っていう超大事な成分を洗い落としてしまいます。

天然保湿因子とセラミドがなくなった肌は、保湿できない状態なので常に乾燥しっぱなし。

湯シャンに変えれば、天然保湿因子やセラミドの洗い落としを防げるので効果ありです。

湯シャンは、頭皮トラブルのほとんどに効果が期待できることがあります。

ただし、あくまでもその人の頭皮環境によって効果の有無は影響されることを知っておいてください。

健康な頭皮環境の人が湯シャンに変えても意味ないですし、肌質的に合わない人が無理に湯シャンを続けると頭皮環境を悪化させる恐れもあるので要注意。

ということで、「どういう人が湯シャンに合うの?」ということを次にまとめました。

湯シャンが合う人と会わない人

合う人

まずは、湯シャンに切り替えてみると良い人についてまとめておきます。

  • 市販の安いシャンプーが原因で頭皮環境が悪化している

ズバリ、湯シャンが合う人は市販の安いシャンプーで頭皮環境が悪化しているって人。

市販の安いシャンプーに入っている超強力な成分で、必要以上に皮脂を洗い流したり頭皮の刺激になっていることが原因でトラブルになっているので、まずはそれを避けてあげること。

お湯は、肌への刺激がとっても優しいので、そういう人にはぴったり。

基本的に、「湯シャンで抜け毛が減った」って人は、これまで頭皮に合っていないシャンプーを使っていた確率が高いです。

→ 湯シャンの正しい方法を読む

合わない人

  • オイリー肌
  • 汗をよくかく
  • 頭皮の皮脂が気になる

基本的に、頭皮の皮脂の分泌が多いって人は、湯シャンをしても合わない可能性が高いです。

具体的には、「湯シャンに変えてから頭皮が臭くなった」「頭皮が痒くなった」ってケースは、皮脂が邪魔してるから。

湯シャンが合わない頭皮環境なのに無理に湯シャンを続けるのは良くないです。

「湯シャンは頭皮に良い」って言われることもあるけど、個人差があることは理解しておきましょ!

「湯シャンが合わない場合の対策方法」については、下記で説明しているので読んでみてください。

→ 湯シャンで頭皮が臭い・痒いになったときの対策法

湯シャンの方法

湯シャンをされている方の中には、1日おきにされている方やオイルなどを併用している方など、それぞれアレンジをしながら行われているようです。

それぞれの状態に合わせて行うのは効果的ですが、基本的な方法として次のようなステップがあります。

1.ブラッシング

湯シャンは頭皮や髪へのダメージを最小限にするために、あまりごしごしと洗浄しない方法です。

そのため、湯シャン前にできるだけ汚れを落としておく必要があります。

使用するブラシは動物の毛のブラシが柔らかくて使いやすいです。

豚毛や猪毛のブラシは抜け毛対策にも良く使われていますが、柔らかくて頭皮を刺激せずにブラッシングができるのでおススメ。

このようなブラシで丁寧に埃や汚れをとり、湯シャンがスムーズにできるように準備します。

2.ぬるま湯で短時間の湯シャン

いよいよ湯シャンをスタートします。

湯シャンは人肌より温めの33~34度が適温とされています。

普段、温かめのお湯でシャンプーしている方には少しひんやりとするかもしれませんが、少し温度は低めと感じるお湯で行います。

そして時間は5分程度です。

これまでシャンプーの時間からするとかなり短く感じで、これで汚れが落ちるか不安に思われるかもしれませんが、あまり長時間洗い続けないのがポイントです。

短時間でかるくゆすぎ洗いをします。

3.ドライ

湯シャンが終わったら最後に優しくタオルで髪を乾燥させます。

タオルでこすりすぎないように、髪をタオルではさんで優しくこすったり、はさんだ髪をポンポンとたたいて刺激を与えないように乾かします。

頭皮もタオル全体で包むように水分をとっていきましょう。

タオルはできるだけ吸収力のある柔らかいタオルがおススメです。

もちろん清潔に洗濯したタオルであることは言うまでもありません。

タオルドライ後は、ドライヤーで乾燥させます。

なるべくタオルドライで水分をとっておき、ドライヤーの使用は最小限にとどめます。

ドライヤーは高熱はさけて、マイナスイオン式のものや低温との切り替えが可能なタイプのものが良いです。

湯シャンで頭皮が臭い・痒いになったときの対策法

「湯シャンに変えてから頭皮が臭い」「頭皮が痒い」って気になった対処方法もお伝えしておきます。

これまで市販の安いシャンプーを使っていた状態だと、保湿の役割をする「天然保湿因子」「セラミド」っていう成分が不足しがち。

だけど、体は「頭皮を保護するために皮脂をもっと出せ!」って指令するので、皮脂はそれなりにあることが多いです。

その状態で湯シャンに変えると、体はすぐに反応しないので、皮脂がまだ多めに出ていることが多いです。

すると、「お湯だけでは洗い落とせない皮脂によって、痒みや臭いの原因になる」ってことが起こりやすい。

対処方法は主に2つあります。

湯シャンで頭皮が臭い・痒い対策
  1. そのまま湯シャンを続ける
  2. 適度にシャンプーを使う

湯シャンを続ける

一つ目は「そのまま湯シャンを続けて様子を見る」って方法。

身体が慣れてくると、皮脂を過剰に分泌する必要がないと認識するので、適量な皮脂の分泌に落ち着く。
そうすれば、痒みや臭いが気にならなくなる。これは個人差が大きいです。

ただ、湯シャンに挑戦してみた方の口コミなどを見ていると、皮脂による痒みや臭いに耐えられなくて挫折する方が多いです。
そういう場合、「湯シャン専用のケアグッズ」を使うのも一つの方法。

実際に私も試してみてよかったのが、これ↓
すっぴん地肌

「すっぴん地肌」っていう湯シャンをサポートするためのケアグッズです。

頭皮用のクレンジングなので、余計な汚れや雑菌はしっかりと洗い落としてくれます。
それなのに、シャンプーのように必要な油分や皮脂はキープしてくれるので、頭皮の痒みや臭いが気になる方が使うと満足しやすいです。

無添加だし、弱酸性だから頭皮にも髪にも優しいです。

「湯シャンだけだと痒みや臭いで無理…」って場合、このすっぴん地肌を試してみると良いですよ。
湯シャンの効果を実感しつつ、気になる頭皮のニオイや痒みを解消してくれるのでおすすめ。

すっぴん地肌公式ページ

私が実際に使った感想はこちらの記事で書いています↓

【すっぴん地肌】湯シャン専用スカルプクレンジングローションを実際に使ってみた感想 すっぴん地肌は、湯シャンをするときに使える専用のクレンジングローションです。 「クレンジングローションって何!?」と思われたか...

適度にシャンプーを使う

二つ目の方法は、「適度にシャンプーを使ってあげる」って方法。

数日に1回、1週間に1回のペースで、皮脂を洗い落とす目的でシャンプーを使う。

湯シャンをしている方は、この方法を取っている方が多いように思います。

ただし、シャンプーは市販の安いものを選ぶと、また皮脂が過剰に分泌されるのでダメ。

美容院やネット通販で買える「アミノ酸系」の成分が入ったシャンプーを選ぶこと。

これを繰り返していけば、頭皮のニオイや痒みが気にならなくなります。

人によっては、「湯シャンをしたときの頭皮のニオイや痒みがどうしても気になる」って方もいます。

そういう場合、無理に湯シャンをしなくても、低刺激のシャンプーに切り替えればOK!

頭皮に合っているものなら、過剰に皮脂を洗い落とす心配も刺激になる心配もないです。

低刺激のシャンプーの選び方

低刺激のシャンプーを選ぶ時は、まず「アミノ酸系」の洗浄成分が入っているものを選ぶ。

アミノ酸系の洗浄成分っていうのは、頭皮への刺激も少ないし、過剰に皮脂を洗い落とすこともない。

なので、シャンプーの中では一番低刺激で頭皮に優しいって言われています。

美容院で使われているシャンプーのほとんどはアミノ酸系です。(逆に市販シャンプーみたいなのを使っていたらヤバい)。

次に、できるだけ余計な添加物が入っていないこと。

具体的には「香料」「着色料」など。こういうのは、敏感な頭皮の刺激になる恐れがあるのでNG!特に香料は要注意。

基本的に、この2つ(アミノ酸系と無添加)ならどのシャンプーを選んでも大丈夫。

自分に合ったシャンプーを選べば低刺激で気持ちよく洗えます。

「って言ってもどれがおすすめなの?」と聞かれることが多いので、私が使っているのは「haru黒髪スカルププロ」。

ドラッグストアで売っているシャンプーと比べると高いですが、成分は文句なし。

アミノ酸系シャンプーって泡立ちが良くないのが多いけど、これは泡立ちもしっかりしていて使いやすいです。

あと、自然由来のグレープフルーツなどで香りを付けてるので、ほんのりと柑橘系の香りがするのも良い。

アミノ酸系シャンプーって使いにくいのが多いので、迷ったらコレを選べば大丈夫です。

あとは「ハーブガーデンシャンプー」も使ってみてよかったです。

名前の通り、ハーブっぽい香りが特徴的で、頭皮のニオイが気になるならこっちの方が良いかも。

どっちを選んでも、成分はかなり質が高いので失敗はないです。

まとめ

湯シャンって、人によってその良し悪しが全然違うので、口コミを見ても賛否両論あります。

今回お伝えしたように、頭皮環境などに応じて合う合わないがあるので、自分の頭皮の状態を見ながら使っていけばOK。

「湯シャンをしたいけど合わない」って場合は、無理に湯シャンをする必要はないです。頭皮のニオイや痒みが気になるなら続けたらダメ。

そういう場合は、低刺激のシャンプーに変えてあげれば十分期待できます。

湯シャンってわりと奥が深くて「今まで使えたのに急に頭皮が臭うようになった」ってこともあるので、気を付けてください。

関連記事

頭皮が乾燥してヤバい!抜け毛も!女子におすすめのシャンプーや対策まとめ頭皮が乾燥して「ツッパリ」「痒み」を感じている人は多いはず。 乾燥が酷くなって、フケが出てしまったり抜け毛が酷くなったと感じている...

育毛シャンプー女性用を10本以上使って徹底比較【失敗しない選び方と正しい使い方】